これは絶対あげないで!ねこチャンが食べてはいけないものまとめ

ねこチャンが食べてはいけないもの

ねこチャンが口にしてはいけないものが、たくさんあります。
少しでも口にしたら死に至る危険があるもの、大量に摂取すると危険なものをまとめました。
お家の床に落ちていた、ご主人様のごはんをつまみ食いして誤って食べてしまった、そんなことにならないように、日頃から気をつけましょう。

危険度★★★★★ -少量でも命の危機-

ねこチャンにとって危険度MAXの食材です。少量でも口にしたら、命の危険があるかもしれないと認識しておきましょう。下記のものを誤飲してしまった場合は、すぐに動物病院で診察をしてもらいましょう。

ネギ類

ネギだけではなく、玉ねぎやにんにくなど、ネギ類は全て危険な食材です。ねこチャンが口にすると、一番危険な食材だということを忘れずにしましょう。ネギ類はねこチャンにとって毒性があり、中毒を起こしてしまう危険食材です。ねぎ類に含まれる「アリルプロピルジスルファイド」という物質が赤血球を破壊してしまい、溶血性貧血の原因になります。加熱したり、調理されていても毒は死にません。少量でも誤飲してしまった場合は、必ず病院に行き診察を受けましょう。

NG食材
  • 玉ねぎ
  • 長ネギ
  • ニラ
  • ニンニク
  • エシャロット
  • ラッキョウ
症状
  • 嘔吐
  • 頻脈
  • 粘膜蒼白
  • 衰弱
  • 心拍数の増加
  • 呼吸促迫
  • 血尿
  • 下痢
  • 黄疸
  • 胃腸障害
  • ふらつき

カカオ類

チョコレートなどのカカオ類も、ねこチャンには危険食材の一つです。カカオに含まれる「デオブロミン」という物質は、ねこチャンにとって有害な毒です。ねこチャンの体内ではデオブロミンを分解できず、下痢や嘔吐を繰り返してしまい、最悪の場合は死に至るケースがあります。少量のチョコレートもNGのため、人間用のお菓子は、一切あげないようにしましょう。

NG食材
  • チョコレート
  • カカオ
  • ココア
症状
  • 痙攣
  • 嘔吐
  • 不整脈
  • 頻脈
  • 頻尿
  • 発作
  • 尿失禁
  • 心拍の増加
  • 徐脈
  • 昏睡
  • 口の渇き
  • 興奮
  • 下痢
  • パンティング
  • あえぎ

果物類

アボガドには、種や葉に「ペルシン」という殺菌作用のある毒素の物質が含まれています。人間には無害なペルシンですが、ねこチャンや動物が口にすると体内に大きな害をもたらします。ねこチャンだけではなく、ペルシンは人間以外には有害な物質です。ねこチャンの体質や状態によっては、重症な症状がでることもありますので、お家の中の取り扱いには充分注意をしましょう。

NG食材
  • アボガド
症状
  • 痙攣
  • 嘔吐
  • 呼吸困難
  • 下痢
  • 胃腸の炎症

たまご類

たまごは、良質なタンパク質のため体にはとても良いものです。
ただ、生のたまごの白身には、ビタミンの一種である「ビオチン」を分解する成分の「アビシン」が含まれています。生たまごを摂取することによってビタミンが分解されるだけではなく、皮膚炎などの体の異常が出ることがあります。
加熱したたまごはねこチャンにとって害はありませんが、不安なかたは、たまご自体ねこチャンに摂取させないようにしましょう。

NG食材
  • 生たまご
症状
  • 下痢
  • 結膜炎
  • 症状
  • 皮膚の炎症

キシリトール類


ねこチャンは、キシリトールを摂取することによってイスリンの可能分泌を起こしてしまいます。そのことによって、血糖値が急激に低下し、低血糖や肝障害を起こしてしまいます。人間用の歯磨き粉には、キシリトールが大量に入っていますので、ねこチャンの歯磨きをする場合は、絶対に使用しないように気をつけましょう。

NG食材
  • ガム
  • キャンディ
  • タブレット
  • 歯磨き粉
症状
  • 嘔吐
  • 発作
  • 低血糖
  • 昏睡
  • 下痢
  • ふらつき

薬品類


人間用の薬やサプリメントをねこチャンにあげることは、絶対に禁止です。
人間にとって体に良いもの、体調が良くなるものでも、ねこチャンにとっては有害でしかありません。体に優しいサプリメントであっても、ねこチャンが飲むことによって異常な症状がでる可能性が高いのです。ねこチャンが服用する薬やサプリメントは、かならず専用のものを服用しましょう。

NG食材
  • 人間用のサプリメント全て
  • 人間用の薬全て
症状
  • 中毒症
  • 腎臓の内臓障害
  • 肝臓の内臓障害
  • 過剰症

果実類


ねこチャンにとって、ぶどうがどうして毒なのか、まだはっきりした原因がわかっていなく現在研究中です。ただ、ぶどうを摂取したわんチャンやねこチャンが異常を起こした事例が非常に多いと報告されています。ねこチャンにとって中毒性があることは間違いありませんので、ぶどうやレーズンは摂取しないようにしましょう。

NG食材
  • ぶどう
  • レーズン
症状
  • 嘔吐
  • 乏尿
  • 腹痛
  • 多飲
  • 食欲不振
  • 元気がない
  • 急性腎不全
  • 下痢

危険度★★★★ -量によって命の危機-

星4つでも、とても危険な食品です。口に入れてしまった量によっては、とても重症な症状が出たり、命の危険に繋がる可能性がありますので、ねこチャンが誤って誤飲しない様、普段から気をつけましょう。

貝類


貝の餌となる海藻に含まれる物質が、動物の体内で日光に当たると化学変化を起こし、毒成分に変わってしまいます。
海藻を食べて育った貝を食べることによって、ねこチャンの体内で毒素が発生してしまいます。毒素が発生することによって、皮膚病に感染する可能性が高くなりますので気をつけましょう。

NG食材
  • トリガイ
  • トコブシ
  • サザエ
  • アワビ
症状
  • 耳のかゆみ
  • 耳のはれ
  • 壊死

加工品類


するめは、ねこチャンがとても気に入りそうなおやつに見えますが、するめも危険な食材です。するめは人間のダイエットにも用いられていますが、それは胃の中で膨張するからです。ねこチャンがするめを食べると、人間の10倍以上膨張する可能性があり、消化不良を起こしてしまいます。消化不良を起こしてしまうことによって、嘔吐や下痢を繰り返してしまいますので、ねこチャンが欲しがってもあげないようにしましょう。

NG食材
  • するめ
症状
  • 衰弱
  • 胃の拡張

肉類


加熱して食べるぶんには問題ありませんが、生の豚肉には危険がたくさん潜んでいます。感染症の一つに、「トキソプラズマ症」というものがあり、この感染源となる成分をシストと言います。豚肉にはこのシストが多く含まれています。シストは熱に弱く、加熱することによって滅亡します。ねこチャンが食べるときには充分に加熱することが大切ですが、不安なかたは豚肉自体あげないようにしましょう。

NG食材
  • 生の豚肉
症状
  • 体重減少
  • 下痢
  • 目の障害

骨類


ねこチャンの消化器官はとても細く繊細です。魚や肉の骨が体内に入ることによって、内臓や消化器官に刺さってしまい体内を傷つけてしまいます。また、消化器官に食べ物が詰まると、腸閉塞を発症する可能性があります。ねこチャンは骨が刺さっても自己申告はできませんので、骨には充分に気をつけましょう。

NG食材
  • 鶏の骨
  • 鯛の骨
症状
  • 胃腸障害
  • 喉の炎症
  • 嘔吐

アルコール類


ねこチャンは、アルコールを分解する機能がなく、少量でも一度摂取したアルコールは、長い間体内を循環して体に悪影響を及ぼしてしまいます。
少量のアルコールでも死に至る可能性があります。お家で晩酌するときは、ねこチャンが誤って飲んだり舐めたりしないか、気をつけましょう。

NG食材
  • ビール
  • ワイン
  • 焼酎
  • ウイスキー
  • ブランデー
症状
  • 痙攣
  • 嘔吐
  • 中枢神経系の抑制
  • 呼吸障害
  • 血圧低下
  • 血圧低
  • 下痢
  • 意識障害
  • ふるえ

カフェイン類


ねこチャンがカフェインを口にすると、心筋と中枢神経を刺激することになり覚醒が起きてしまいます。カフェインは「アデノシン」という鎮静作用を持つ化合物のような構造のため、アデノシンの細胞の結合を阻害します。この阻害によって、ねこチャンに異常な症状が起きてしまいます。飲みかけの飲み物や、コーヒー豆の保管場所には充分に注意をしましょう。

NG食材
  • お茶
  • コーヒー
  • コーラ
症状
  • 痙攣
  • 不整脈
  • 頻脈
  • 全身性のうっ血
  • 神経系の異常
  • 振戦
  • 心臓の異常
  • 出血
  • 呼吸促迫
  • 過度の興奮

きのこ類


人間用のきのこを食べることは害はありません。ただ、野生のきのこは、とても危険な食材です。野生のきのこの多数が有害とされています。公園や草むらにたまにきのこが生えている場所がありますが、もしお散歩などするねこチャンの場合は気をつけましょう。きのこは致死的中毒の可能性が高いため、口にした場合は、すぐに病院で治療を受けましょう。

NG食材
  • 野生のきのこ
症状
  • 嘔吐
  • 抑うつ
  • 腹痛
  • 発熱
  • 腸の痙攣
  • 著しい低血糖
  • 重症の胃腸障害
  • 昏睡
  • 急性腎不全
  • 急性肝不全
  • 急死
  • 肝臓や腎臓障害
  • 下痢
  • 運動失調
  • 胃腸の不調

危険度★★★ -食べ過ぎたらダメ-

食べすぎると体に良くなくても、多少の量なら命の危険はない食材も複数あります。それでも、多少の不安はある食材ですのでねこチャンにはあげないことを推奨します。

ナッツ類


ナッツを食べたことによって、致死に繋がる可能性は低いですが、ナッツは消化が悪くねこチャンには不向きの食材です。ナッツの摂取によって、運動失調になったり、不全麻痺の症状がでた事例があり、中毒性があります。また、ナッツはカロリーも高く塩分も多い食材のため、肥満や病気に繋がる可能性が高いので、あげないようにしましょう。

NG食材
  • マカデミアナッツ
  • ピーナッツ
  • トウモロコシ
  • こんにゃく
  • くるみ
  • アーモンド
症状
  • 痙攣
  • 不安
  • 肥満
  • 泌尿器症候群
  • 尿路結石
  • 糖尿病
  • 腎臓病
  • 消化不良
  • 筋肉の震え
  • 強直痙攣
  • 下痢

甲殻類


イカやタコは、ビタミンBを分解してしまう「酵素チアミナーゼ」が含まれています。そのため、ねこチャンの病気の一つでもある「ビタミンB1欠乏症」を発症してしまう可能性があります。加熱することによって与えても良いとされてはいますが、消化の悪い食材のためあげないことを推奨します。

NG食材
  • 淡水魚
  • 生貝
  • 生タコ
  • 生エビ
  • 生イカ
症状
  • 痙攣
  • 嘔吐
  • 便秘
  • 瞳孔が開く
  • 食欲低下
  • 下痢
  • ふらつき歩行

光り物の魚類

光り物の魚をねこチャンが口にすると、不飽和脂肪酸という成分によって、体内の脂肪が酸化してしまい「黄色脂肪症」になります。この病気を発症することによって、ねこチャンの腹部や胸部の皮下脂肪が酸化や変性をして炎症を起こします。痛みや熱を伴う固いしこができて、歩行困難になってしまう可能性があります。小量であれば有益な成分とも言われていますが、不安なかたはあげないようにしましょう。

NG食材
  • サバ
  • イワシ
  • アジ
症状
  • 皮膚の下のしこり

肝臓類


レバーは、ビタミンAやB群が豊富に含まれているため、栄養素としては問題ありませんが、大量に摂取することによって、過剰分が排出されずに体内に蓄積されてしまいます。ねこチャンの病気で「ビタミンA過剰症」というものがあり、骨の変形や歩行困難の症状が出ることがありますので気をつけましょう。

NG食材
  • レバー
症状
  • 起立不能
  • 脊髄の変形

危険度★★ -食べない方が良い-

体に大きな害や致死の原因にはならなくても、食べない方が良いとされているものです。大量の摂取は避けましょう。

乳製品類

赤ちゃんのうちは、ミルクをあげる人も多いかと思いますが、乳製品はねこチャンの体質や体調によって大きく変わります。乳製品を摂取したことによって、下痢や軟便をしてしまったり嘔吐してしまう子には不向きの食材ですので摂取しないようにしましょう。あげる場合は、人間用ではなくねこチャン様のミルクにしましょう。

食材
  • 牛乳
  • チーズ
  • ヨーグルト
症状
  • 下痢
  • 軟便
まとめ

ねこチャンには、キャットフードをあげましょう!
こちらで紹介した食材は、ほんの一部です。
その他にも、ねこチャンにとって危険な食べ物はたくさんあります。
ねこチャンは、栄養バランスのよくとれたねこチャン専用のキャットフードを食べる様にしましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。