ねこチャンをお迎えする時は-環境の見直し編-

ねこチャンをお迎えする予定のあなた♪

家族が増えて、これからの楽しい生活を考えると、
とても楽しみですよね。

ねこチャンを迎える環境は、バッチリですか?
ねこチャンが生活しやすい環境は整っていますか?

ねこチャンをお迎えしたあとに、
「これがない!あれがない!」と慌てないためにも、
お迎え前に事前確認をしましょう。

生活環境の見直し

それでは、まず最初に
ねこチャンが生活するお家を見直しましょう。

ペット飼育OKのお家?

ペット不可の物件だったら諦めて!

「こっそり、ペットを飼いたい!」そんな人、意外と多いですよね。実際、ペット飼育OKの賃貸物件がとても少ないです。ペット飼育NGの物件でも、ハムスターや鳥など、ケージで飼育する小さなペットなら大丈夫という物件もあります。

ただ、ねこチャンとなると大家さんにナイショでこっそり飼うというワケにはいきません。ペット不可の物件に住んでいる人は、ねこチャンのお迎えはやめましょう。

傷跡から退去時には見つかります!

爪切りをしても、爪とぎをしても、ねこチャンは壁をガリガリ引っ掻いてしまいます。事前にシートなどで壁の保護をしても、ねこチャンは賢いので、引っ掻ける場所を探します。引っ掻けるところをガリガリしてしまい、壁紙は、傷どころか剥がれたり破れます。お家の退去の時に、「契約違反」ということでトラブルになりかねません。

お家はキレイ?

ゴミが落ちているのは危険!

ねこチャンが毎日生活するお家の中は、どんな環境ですか?お掃除を怠っている場合は、きちんと清掃しましょう。ねこチャンは、床に落ちている埃やゴミに興味を持ち、無意識に口の中に入れてしまったりして、遊んでしまいます。

普段面倒で清掃を怠っている場所は、ネコちゃんの絶好の隠れ場です。コンセント周りの埃も、キレイに掃除機で吸い取り、拭き掃除もしましょう。

ねこチャンの届く範囲は念入りに清掃を

ねこチャンの目線はとても低いので、特に床を中心に清潔にしておくことが大切です。また、高いところに登ったりもしますので、ねこチャンが登りそうな高い場所も特に念入りに清掃しましょう。

ねこチャンは床や登ったところをぺろぺろと舐めます。そのため、ねこチャンが舐めても害がないように、強い薬品を使用しての清掃は避けましょう。

お家は騒がしくない?

騒音はストレスに

ネコちゃんは、1日の大半を寝て過ごします。お家の中は静かに睡眠をとれる環境が整っていますか?常に、テレビや音楽を大音量で流したり、睡眠の妨げになるほどの大音量で楽器を演奏することは避けましょう。

日光浴は定期的にしましょう

音だけではなく、光もとても大切です。昼間、日光に直接当たれる場所があるとねこチャンはとても気持ち良さそうに昼寝をします。また、ねこチャンが日光浴をすると、それだけで健康に繋がるメリットがあります。

日光浴をすることによって、ビタミンを吸収しやすい体を作ることができます。
それだけではなく、ノミやダニの退治、体が温まることによって、質の良い睡眠に繋がります。

暗い場所も用意しましょう

日光とは逆に、暗くて静かに過ごせる場所も必要です。静かで暗い場所は、ねこチャンが自ら進んで休憩します。ねこチャンは気分によって、日光の場所や、暗い場所を選んでお昼寝をするので、どちらも用意してあげましょう。

動物病院まで歩ける?

病院は近い方が安心

歩いて行ける、動物病院は近くにありますか?車や自転車でなら行ける距離だけど歩けない…となると、場合によっては緊急事態に不便です。

ご主人様がお酒を飲んで車やバイクを運転できない時、ねこチャンを抱きかかえている時は自転車にも乗れません。電車やバスは、たくさんの人が乗っています。タクシーはすぐに捕まるとは限りません。

人混みは避けて!

体調の悪い免疫力が落ちているときこそ、悪い菌やウイルスをもらってしまう可能性があるので、人混みの中での移動は避けましょう。

ネコちゃんの緊急事態に歩いてすぐに行ける動物病院があるか、事前に確認しましょう。休診日がある病院もありますので、2つから3つほどチェックしておきましょう。

次は、
ご主人様の生活環境のチェックをしましょう。

続きに進む…

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ねこチャンをお迎えする時は-必須アイテムの準備編-

ねこチャンをお迎えする時は-生活スペースの準備編-

ねこチャンをお迎えしたら-まずはこれから-

ねこチャンをお迎えする時は-ご主人様の見直し編-

ねこチャンをお迎えする時は-あると良いアイテム編-

ねこチャンをお迎えする時は-危険回避編-